セノッピーを飲んで効果なしに気づくのは手遅れ?!悔やんでも遅い?

セノッピー 効果なし

森三中の大島さんもおすすめしている成長サポートグミ「セノッピー」が人気ですが、せっかく飲んでも効果なしだと悲しいですよね。

セノッピーを飲んで効果なしと気づいた頃には成長期も終わっているでしょうから、もう一度、やり直すこともできません。

それだったら、成長期が終わる前に、セノッピーが効果なしなのか、それとも、効果があるのかを知りたいですよね。

しかし、セノッピーだけに限りませんが、成長サポートサプリを飲む前に効果があるかどうかを判断する方法はありません。

それだったら「セノッピーを飲まなくてもいいや」と思うかもしれませんが、成長期に必要な栄養分を補給するという点ではセノッピーは十分な効果が期待できます。

成長期の体の成長に必要なのは?

人間は生まれてから大人になるまでに、心身ともに成長していくことが一般的です。

この成長期において、しっかりと成長していくためのポイントとして、「睡眠・栄養・運動」という3点が重視されています。

運動

運動をしっかりとすることで、身長を伸ばすために欠かせない骨端腺は活発に働き始めるようになり、からだの成長を促すことが知られています。
昔と比べると、現代社会では、こどもが体を動かす機会が少なくなりがちですが、時間を見つけて全身を動かす遊びや運動をするといいでしょう。

睡眠

成長ホルモンをしっかりと分泌するためには睡眠が欠かせません。
現代は、幼い頃から夜ふかしする習慣が付きやすいですが、必ずしも早寝早起きがベストとは言えないものの、しっかりと熟睡して成長ホルモンが出るように、睡眠時間と睡眠の質の確保は欠かせません。

生活習慣が乱れると、睡眠が浅くなりやすくなるため、成長ホルモンの分泌量は減少する傾向が見られます。
規則正しい生活が、しっかりと成長するのに役立ちます。

食事

好き嫌いが激しかったり、十分な食事が取れずに、栄養バランスが崩れてしまうと、十分に体は成長しません。

スーパーフードは近い存在と言えるのかもしれませんが、「これだけ食べれば身長が伸びる」といった完璧な食品はありません。
成長の妨げとなりかねない毒性の高い食べ物を避けながら、さまざまな栄養素を含んだ食品を幅広く食べることで、過不足のないように必要十分な栄養を取ることが重要です。

一般的に、身長を伸ばすために特に重要な栄養素は「カルシウム・マグネシウム・亜鉛・タンパク質」、骨の成長に欠かせないのは「カルシウム・マグネシウム・ビタミンD・たんぱく質」の4種類です。

厚生労働省が定期的に行っている「国民健康・栄養調査」によると、子供の野菜不足が深刻なことが明らかになっています。

セノッピーは、カルシウムはもちろんのこと、一緒に摂取することで体内の吸収率を高めるのに役立つアルギニンやボーンヘップを最適なバランスで配合しています。

その他にも、セノッピーは21種類の野菜エキスや乳酸菌など、栄養バランスを考えた配合となっており、管理栄養士もお墨付きをつけるほどです。

セノッピーと日頃の食事でバランスよく栄養補給を行い、睡眠や運動をしっかりと行うことで、成長しやすい環境作りに役立ちます。

セノッピーを食べると危険な人は?

セノッピーを食べても効果なしという以前に、何らかのトラブルが起こってしまう場合もあります。

その代表的なケースが食物アレルギーです。

アレルギー症状の出方には個人差がありますが、ひどい場合には、急激な発作を起こして死んでしまうこともあります。
アレルゲンとなる食材を食べてすぐにアレルギー症状が出る場合もあれば、数時間たってから出る場合もあったりとさまざまなため、アレルギーの有無は事前に確認しておいたほうが安全です。

このアレルゲンが出やすい食材を「特定原材料」(7品目)、「特定原材料に準ずるもの」(20品目)として表示していますが、セノッピーでは、乳、卵、大豆、ゼラチンが使われています。

なお、セノッピーは、以下の原材料から作られています。

水飴、麦芽糖、ゼラチン、濃縮グレープ果汁、粉末オブラート、ホエイたんぱく濃縮物、鉄含有酵母、はちみつパウダー、リンゴ果汁末、乳酸菌、納豆菌滅菌粉末、卵白蛋白加水分解物、DHA・EPA油、大麦若葉、ケール、ブロッコリー、キャベツ、大根葉、南瓜、さつまいも、チンゲン菜、パセリ、人参、セロリ、苦瓜、ほうれん草、桑の葉、モロヘイヤ、よもぎ、白菜、アスパラガス、トマト、野沢菜、れんこん、/ ソルビトール、香料、クエン酸、光沢剤、乳酸カルシウム、リン酸カルシウム、乳化剤、ビタミンD、キシリトール、ビタミンE、アルギニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、V.C、ラクトフェリン、抽出V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12

特定原材料以外の食材でも、体内にアレルゲンを持っていればアレルギー症状が出ます。
気になる場合は、医療機関でアレルギー検査などを受けておくと安心です。

ぶどう味のグミで食べやすい

成長サポートサプリというと、プロテインなどのように粉末状になっていて、水などで溶かして飲まなくてはいけなかったり、錠剤やカプセルなど薬と同じ形状になっているものが多いですね。

粉末状のものだと、特有の味わいがするので飲みにくかったり、水などで溶かすのが面倒ということで、飲まなくなってしまうことが多いです。

また、錠剤やカプセルだと添加物が多いので心配だとか、子供にとっては飲みづらい場合も少なくありません。

セノッピーは、子供が食べやすいお菓子に近い「グミ」にしていますし、ぶどう味にすることで手軽に食べられるように工夫されています。
セノッピーは1日2粒を好きな時に食べるだけでいいので、おやつ代わりに食べるなど、手軽に続けられます。

さらには、セノッピーにはキシリトールが含まれているため、歯が丈夫になったり、虫歯予防にも役立つなどのメリットも得られます。

セノッピーの値段は高い?

セノッピーが、こどもの栄養補給に役立つとは言っても、価格が高すぎると続ける気にならないですよね。
手軽に買えて、それなりに安い値段じゃないと、一生に1回のこととはいえ、家計に悪影響が出かねないので、続けられません。

セノッピーはどこで買える?

セノッピーはスーパーやドラッグストア、薬局などのサプリ売り場では買えません。
販売元が直販しているだけです。

メルカリやヤフオクなどにセノッピーが出品されている場合もありますが、転売品のために一切の保証はありません。
健康被害などのトラブルが起こった際は、リコールされているケースなどを除けば、販売元ではなく出品者との交渉になるため、泣き寝入りになる可能性が高いです。

安心してセノッピーを飲むためには、販売元から通販で直接購入したほうが安心です。

セノッピーは安い?高い?

セノッピーの定価は1袋30粒入りで6,980円(税別)です。
1ヶ月で2袋飲むことが一般的ですから、月14,000円を超えるとなると、セノッピーを飲むのをためらいたくなるのではないでしょうか?

そこで、セノッピーを少しでも安く購入できるように定期購入が用意されています。

初回は2袋で86%OFFの1,980円、2回目以降は2袋で72%OFFの3,980円(いずれも税別、送料無料)と、1袋6,980円と比べると、信じられないほど安く続けられます。

その上、一般的な健康食品の定期購入でありがちな「最低購入回数」や「ノルマ」などは、セノッピーに関しては一切ありません。
いつでも一時休止・解約ができるのは嬉しいですね。

>>セノッピーを安い定期購入ではじめる

タイトルとURLをコピーしました