セノッピーを食べるのは早いほどいい?!何歳からがベスト?

成長期に必要となる栄養素をお菓子感覚で摂取できるとして、人気の成長期サポートグミサプリ「セノッピー」は、何歳から食べることができるのでしょうか?

スムーズに子供が成長していくためには、可能な限り、セノッピーを早いうちから食べたほうがいいのではないかと思いますよね。

もちろん、生まれた直後の赤ちゃんが大人と同じような食事を摂ることは不可能ですから、セノッピーを食べさせてもいいのは、少なくとも離乳食がおわって、普通の食事がとれるようになってからであることは明らかです。

つまり、個人差はあるものの、3歳あたりが一つの目安になります。
乳児の間は、母乳やミルクで十分な栄養を与えるようにしてください。

セノッピーの販売元に何歳から摂取させたほうがいいのかを問い合わせたところ、「何歳からでもお召し上がりいただけます。推奨年齢は6歳以上です。」との回答が得られました。

セノッピーを何歳から食べさせてもいいのかという質問への答えは、幼児から食べさせても問題ないというのが結論になりそうですね。

なお、6歳以降を推奨している理由としては、セノッピーはグミタイプのお菓子のため、乳歯が十分に成長しておらず、飲み込む力が弱い幼児の場合には、喉につまらせてしまうおそれがあります。
万が一、セノッピーを喉につまらせた際には、詰まった食べ物をすぐに取り除けるように、隣で見ていると安心です。

どれくらい飲み続けたらいいの?

たとえ、セノッピーを早めに飲みだしたとしても、短期間で飲むのをやめてしまっては意味がありません。

例えば、セノッピーを6歳から飲み始めたとしても、8歳まで飲めば十分とは言えないですよね。
セノッピーを二十歳から飲み始めたとしても、手遅れな印象がして仕方がありません。

その一方で、13歳頃から飲み始めて15歳でやめるというのは、個人差が出やすいですが、第二次性徴期のピークに達する可能性が高い時期のため、栄養補給という観点では悪くありません。

セノッピーを成長期のピークに飲めば、必ず効果が出るとは限らないのが難しい点ですが、何もしない場合と比べて、良い結果になる可能性は高まるのではないでしょうか?

もちろん、最も良いと思われるのは、成長期の間、ずっとセノッピーを食べ続けることです。

セノッピーをを食べることで、食事では不十分になりやすい成長に必要な栄養分を、継続的に補給し続けることができるわけですから、運動や睡眠で成長ホルモンを十分に分泌するように促すのにも役立ちます。

>>セノッピーで我が子の栄養補給をサポートする

タイトルとURLをコピーしました