いくら飲んでも身長が伸びない?!その原因はこれでした!

セノッピーを飲んでも身長が伸びない、思ったほどじゃなかったという口コミを見ることがあります。
セノッピーを食べても成長しないのだったら、飲む価値はないと思うのは当然でしょう。

しかし、実は伸びない原因が他にあったとしたら、その原因を解決したほうがいいことは言うまでもありません。

セノッピーを食べても身長が伸びない原因はいくつか存在します。

成長期が終わっている大人が摂取する

あえてとりあげるまでもないとは思いますが、セノッピーは「魔法の伸び薬」などではありません。
これ以上、カラダが大きくなりようがない大人が摂取したところで、単なる栄養補給でしかありません。

カルシウムなどを摂取することで骨粗鬆症対策になるため、セノッピーを食べてもムダではありませんが、身長が伸びることは期待できません。

病気で身長が伸びない

こちらは可能性が低いですが、病気で成長ホルモンの分泌に異常が生じている場合には、成長期を迎えても身長が伸びにくい傾向があります。
アルギニンを食べると成長ホルモンの分泌を促す効果がありますが、病気などで分泌していなければ効果がないと感じるわけです。

医療機関で治療を受けることで成長ホルモンの分泌が改善する場合があるため、成長が遅れていると感じた場合には、まずは診察を受けたほうがいいでしょう。
場合によっては、セノッピーを食べることで役立つこともあるかもしれません。

成長ホルモンの分泌を妨げる生活習慣

セノッピーを食べても身長が伸びないと感じる場合に、もっとも可能性が高いパターンではないでしょうか。

身長を伸ばすために必要な要素は大きく3種類あります。

  • 質の良い睡眠
  • 良質な栄養の摂取
  • 適切な運動

栄養補給に関しては、セノッピーを食べておけば、多くの場合で問題ありません。

遺伝などの個人差や、許容範囲に違いが見られるため、常に寝不足気味で運動嫌いだから、身長が絶対に伸びないということはありません。

また、成長ホルモンが分泌されるのは就寝中のため、日頃から睡眠時間が短いショートスリーパーは身長が伸びないと思われがちですが、しっかりと熟睡すれば問題ありません。
起きている時間が長くなるわけですから、その時間を生かして運動するなどの工夫をすることで、身長が伸びやすい環境作りに役立ちます。

もちろん、ショートスリーパーが体質に合わないというのであれば、単なる寝不足でしかなく、かえって体調を崩す結果になりかねません。
無理をしないで、普通に睡眠時間を確保したほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました