シボヘールは妊娠中や授乳中に飲んでも問題ない?

妊娠前はスレンダーな美人だった人でも、妊娠すると肉付きが良くなって、体型がぽっちゃりすることは決して珍しくありません。
妊娠中は、お腹の中の赤ちゃんに十分な栄養を与える必要がありますので、ある程度の体型の変化は起こるのが当然です。

しかし、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群などを発症すると、胎児の発育不全や母子ともに危険な状態に陥る心配があることから、定期的な運動や食生活を見直して予防する必要があります。

その際に、運動や食事とともにシボヘールを飲めば効果的ではないかと思う妊婦さんもいるようです。

また、産後ダイエットの際に、内臓脂肪や皮下脂肪を減らすのにシボヘールが役立つのであれば、運動する前にでも飲んでおきたいと思うのは自然な考えというものでしょう。

しかし、メーカーに確認したところ、シボヘールは妊娠中・授乳中の女性のことを考えて製造されたサプリメントではありませんでした。

それどころか、事前に医師に相談した上で、シボヘールを飲んでもいいかどうかを確認する必要があるという具合に、非常に慎重な表現となっています。

このような表現は、シボヘールだけでなく、ほとんどのサプリメントで書かれていますので、あなたが他に飲んでいるサプリがあればチェックしてみるといいでしょう。
まさしく妊婦向けに作られていると思われる「葉酸サプリ」でも時々見かけますので、驚くこともあるかもしれません。

あくまでも一般論としてですが、このような表現をしている場合には、実質的には「飲んではいけない」と考えても差し支えはありません。

どうしても、シボヘールを飲みたいと思った場合には、通院先の医師に相談した上で、許可が出たら、医師の指示に従って飲むといいでしょう。
妊娠糖尿病が出た場合は、シボヘールなどで痩せろと言うよりは、即入院で栄養管理された状態におかれるほうが多いと思います。

なお、出産して授乳が終われば、子育てで心身ともに疲れ果てた体調が徐々に回復しているため、基本的にはシボヘールを飲んでも問題ありません。
産後ダイエットをサポートするために、シボヘールを活用すると考えれば良いのではないでしょうか。

また、出産後に母乳ではなく人工乳(ミルク)だけで育てると決めたのであれば、出産した直後からシボヘールを飲んでも構いませんが、出産直後の体調が回復しきっていない状態でのダイエットは体に悪いことから、あまり無理をしないほうが無難です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする