シボヘールを飲んだら太るという人に共通する原因は?

口コミサイトを見ていたら、シボヘールを飲んだら、痩せるどころか、逆に太ってしまったという報告が幾つも見つかりました。

お腹周りの脂肪をすっきりさせたくて定期購入しました。

シボヘールを半年以上飲み続けましたが、体重や体脂肪率が減るどころか増える一方・・・
飲む時間を変えたり、ウォーキングを追加したものの、増えた分が全く減らない・・・
時間とお金の無駄でした。

使用期間 6ヶ月以上、身長169cm、体重56kg⇒59kg

「痩せると書いてあったのに太るなんて詐欺だ」と憤っている人もいましたが、シボヘールを4粒飲んでも4キロカロリーしかありませんので、飲んだだけで太るとは考えづらいです。

どうして、シボヘールを飲んだのにも関わらず、肥満を改善するどころか、逆に太ってしまったのでしょうか?

まず、半年以上、シボヘールを飲み続けても痩せないという人は当てはまりませんが、1週間や1ヶ月など、期間が短いと、十分なダイエット効果は得られません。
内臓脂肪や皮下脂肪の量には個人差があることから、少なくとも3ヶ月程度は見ておきたいものです。

また、長期間にわたって飲み続けても効果がなかったという人の場合、基礎代謝が低い場合が多いです。
同じように生活をしていても、基礎代謝が高い人と低い人とでは、カロリー消費量には大きな違いが出ます。

この基礎代謝のキーポイントとなるのが、筋肉量です。
ボディビルダーやアスリートなどのように筋肉ムキムキにならないと痩せないと勘違いする人も居ますが、目に見える部分の筋肉を全く鍛える必要はありません。
体の中心部分に近い筋肉(インナーマッスル)を鍛えるだけでも、基礎代謝には大きな違いが出てきます。

このインナーマッスルが弱っていると、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動だけを続けていても、思ったほどにはカロリーは消費されません。
基礎代謝を高めるためには筋肉量を増やす必要がありますので、カロリー消費という観点で非効率だと思われがちな筋トレやストレッチなどにも取り組んだほうが良いでしょう。

もちろん、シボヘールを飲んだからといって、暴飲暴食をしてもなかったことになるわけではありません。
食事の量を増やすのは論外ですから、摂取カロリーが多すぎるようであれば適度な見直しが必要です。

しかし、逆に極端な食事制限をすると、体が飢餓だと認識して、カロリー消費を極端に減らすようになるため、痩せにくい体質に変わります。
体が飢餓状態だと感じないようにするために、最低でも基礎代謝分程度はカロリーを摂取する必要があります。

カロリーだけに注目して、栄養バランスが崩れてしまっては意味がありませんので、食事に工夫をして、それでも足りなければビタミン剤やサプリで調整しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする