シボヘールをやめる時に気をつけることは?

シボヘールを飲むのをやめる際に気をつけることは何があるでしょうか?

まず、目標としていた体重や体脂肪率を達成してやめる際には、その後の生活習慣が大事になります。

シボヘールを飲みながら、食事の見直しや運動に取り組んできたと思いますが、目標を達成したから全てやめてしまうというのは問題です。
シボヘールを飲み始める前の生活に戻してしまうと、あっという間にリバウンドが起こりかねないからです。

せっかくの努力が無駄にならないように、シボヘールを飲むことだけを止めて、その他のことは、継続して取り組み続けたほうがいいでしょう。

極端な食事制限や厳しいトレーニングなど、無理を重ねて減量に努力したのであれば、リバウンドするのは確実ですから、負荷を徐々に落としていって無理のない範囲で続ける必要があります。

シボヘールを飲まなくてもリバウンドが起こらずに体重や体脂肪率が安定するようになったら、定期購入の解約をしましょう。

シボヘールは何回か買わないと解約できないといった最低購入回数の決まりはありませんので、いつでもやめることができます。

シボヘールの定期購入をやめる方法としては、いくつかの方法が用意されています。

  • 電話でサポートセンターに連絡する
  • 問い合わせフォームからメールで知らせる
  • 購入者専用マイページ(WEB会員ページ)から手続きをする

24時間、いつでも解約手続きが行えるのは、WEB会員ページからですね。
パソコンやスマホ操作が問題なくできる人であれば、簡単に解約手続きは完了します。

電話のように、平日日中にかけると話し中で待たされる心配もありませんし、夜間や休日に電話をかけて「受付時間ではありません」といった内容の自動音声を聞かされて、いやな気分になることもありません。

一方、パソコン操作やスマホ操作が難しいと感じるのであれば、電話で解約手続きをするのがおすすめです。
フリーダイアルなので電話料金はかかりません。

受付時間は平日の10時から18時半までと限られていますし、昼間は混雑してつながらない可能性がありますが、電話がつながればオペレータが対応してくれますので、問いかけに答えるだけで解約できます。

平日日中は仕事で忙しい人だと、休憩時間などを使って電話をかけることになりますが、話し中が続くようだと休憩時間が終わってしまうので、解約手続きができないこともあります。
10時の受付開始直後、昼休みの時間帯、夕方から18時過ぎの終了間際は混雑する傾向がありますので、可能であれば、この時間帯を避けて電話をしたほうが良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする