シボヘールは食前に飲んだほうが良い?食後に飲んだほうが良い?

シボヘールは健康食品ですから、医薬品のように、飲む時間帯や量は決まっていません。
ファクトシートにある論文から、1日1回、4粒まとめて飲むことを推奨している程度です。

このため、いつどのように飲めば良いのかを悩む人も少なくありません。

薬機法という法律の制限により、健康食品では、飲むタイミングや時間、量をはっきりと記載できないことを知らない人からは「不親切で信用できない会社」などといったマイナスイメージを持たれがちですが、書いたら法律違反ですから、書きたくてもかけないわけです。

電話やメールなどで問い合わせても、「このように飲んでいる人が多い」とか「おすすめしているのは、・・・」などどいった曖昧な言い方しかできない理由も同じです。

それでは、どのようにシボヘールを飲んでいる人が多いのでしょうか?
毎日、飲み忘れることがなければ、毎日いつでもいいというのが公式回答ですが、更に深く調べてみました。

口コミなどから飲むタイミングを調べてみたところ、さまざまな時間帯に飲んでいる事がわかりました。

  • 起きてすぐ
  • 日課となっている運動の30分前
  • 夕食の30分前
  • 朝食の30分前
  • 朝食後すぐ

起きてすぐというのは、就寝中は低かった基礎代謝が上がるタイミングに合わせて、シボヘールでピークを更にあげようと言う考えのもとでしょうし、運動前も同じ発想だと思われます。

食前は胃腸がカラッポの状態であるため、他の食べ物などに邪魔されることなくサプリの成分が十分に吸収されるという意見もあれば、食後のほうが胃腸の働きが活性化するため、他の食べ物で邪魔されても吸収効率が高まるという意見もあったりとさまざまです。

糖質吸収を穏やかにするサプリなどの場合は食前に飲むといいですが、シボヘールに含まれる葛の花由来イソフラボンは、糖質カット効果をうたっていません。
このため、食前に飲んで太るのを防ごうなどと思っても全くの無駄とは言いませんが、目的を達成することはできないでしょう。

糖質吸収抑制をうたうトクホやサプリなどを選んだほうが良いですね。

なお、寝る前にシボヘールを飲んだという人からは、便秘が改善したという口コミもありましたが、シボヘール自体にモリモリスリムで使われているゴールデンキャンドルなどの便秘を改善する成分は含まれていません。

シボヘールに食物繊維などが含まれている効果かもしれませんし、シボヘールを水とともに飲むことで水分の摂取量が増えて、便が出やすくなったとか、生活習慣を見直したことで便秘をしづらくなったなど、さまざまな理由が考えられます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする